×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

血圧を下げる藤城式食事法DVD

【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)が高血圧対策の切り札として口コミで注目されています。

高血圧で病院への通院をしている方や薬を処方してもらっている方は多いですね。最近は病院での治療ではなく、食事だけで高血圧を改善させている方が増えています。高血圧に効く食事法が注目されていますね。


>>高血圧に効く食事法を見てみる!

テレビや雑誌、最近はネット等も含めて高血圧に関する情報は山ほど入ってきます。しかしながら その高血圧に関する情報は貴方の高血圧を本当に改善してくれる情報なのでしょうか?
現代社会では情報が氾濫しているので、自分に適用して良い情報なのか判断する事も大切で、情報の真偽を判断するのが大変な時代と言えそうです。


情報社会に生きる私たちは、高血圧改善に関して食事が大切というのは知っていると思います。
しかし高血圧改善へ必要な食事法は医者の言葉を妄信的に信じていいのでしょうか?

医者の指示通り薬も飲んで、食事も注意して高血圧が改善しているなら問題ないと思います。しかし実際は薬で血圧の数値の調整しかしていないのが実際ではないでしょうか?
だから血圧の薬を飲み忘れると、翌日は結構な血圧値になってしまいますね!これはまさしく高血圧の改善ではなく、薬による血圧値の調整でしょう。

やはり高血圧の改善とは根本的な改善を目指したい処です。
日本食養の会会長であり総合免疫治療研究所所長の藤城さんの紹介する【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き) ですが、薬の危険性や正しい血圧改善の手法を紹介していると口コミ評価が高いのが特徴です。


食事から高血圧を改善していく、この基本的な対処が薬の弊害や合併症の不安を取り除く可能性が高い事を知るのが大切ですね。
病院で毎日の治療や薬の代金を支払い続けるという事を考えると藤城先生の指導に従い高血圧改善を行うのは経済的にもメリットがあります。また、効果がなかった場合には返金保証もあるから安心でしょう。

口コミ評価が高いのは、実績は勿論ですが、こうした姿勢も評価されているのでしょうね。


>>藤城式食事法DVDをチェックしてみる!
井上俊彦

高血圧を放置するとどうなる

高血圧(高けれね高いほど危険だといわれていますね)の放置は危険だといわれていますが、一体なぜなのでしょう。それは、高血圧(血圧は高くても自覚症状がないことが多いので、意識して定期的に計る必要がありますね)が原因で、命を脅かすような深刻な疾患を発症させる可能性があるからなのです。

高血圧を放置すると、以下のような病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)に発展する事があります。

・脳梗塞(脳軟化症ともいわれており、日本で最も発症率の高い脳疾患となっています)
・脳出血
・くも膜下出血
・眼底出血
・大動脈瘤
・狭心症
・心筋梗塞
・心肥大
・腎不全
・動脈硬化

このように、脳や心臓など、重大な箇所の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)を引き起こすリスクが高くなります。高血圧は自覚症状が少ないですから、普通に生活をしていても気付かないケースが多いですね。そのために、体調がおかしいと思って病院に行ってみると、高血圧だけではなく、他の病気を併発している事も多いものです。

また、高血圧だと診断されても、症状が軽いと日常生活に支障をきたさないので、生活習慣の見直しを行わない人もたくさんいます。確かに、今は症状が何もないかもしれませんが、どんどん悪化してしまい、命に関わる病気を発症させる可能性があるので、絶対に放置しないようにしましょう。

塩分を摂ると血圧が上がる

塩分は取りすぎると血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)を高めると言う作用があることが、今では広く認知されています。そして、スーパー(スーパーマーケットの略称です)などの食品売り場で、減塩しょうゆや減塩味噌といった減塩食品(チキンコンソメやソースなど様々な商品が販売されています)が数多く売っているのをよく見かける人も多いと思います。

そもそも高血圧と塩分にはどのような関係があるんでしょうか。塩分は人間にとって、必要不可欠なものですね。でも、塩分には筋肉を収縮させる作用があり、体内の塩分が増えると体のあらゆる筋肉がそれに反応してしまいます。それは、血管の壁のわずかな筋肉にも及び、血管を収縮させてしまうのです。また、塩分には血液中の水分(あるものに含まれている水のことです)を増やす作用もあり、塩分が増えることで血液量も増えます。すると、血液を送り出す圧力も強くなりますから、その結果として塩分を取りすぎると血圧が上昇するという仕組みになるのです。

ですが、人間の体というのは、血液中の塩分濃度を一定に保つことができるような仕組みがあり、塩分を取りすぎると汗や尿として排出し、足りなければ塩分を逃さないような働きをします。塩分の摂取が原因で血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)が上がるかどうかは、腎臓の塩分排出機能によって大きく左右され、それは体質や遺伝的な要素が大きく関わりそれぞれ個人差があるんです。

具体的にどのように分かれるのかといったら、塩分の摂取によって血圧が上昇し、減塩すると血圧が下降する「食塩感受性」と言う人と、摂取する塩分量が血圧にまったく反映しない「食塩非感受性」という人に分かれます。なので、一概に塩分を取りすぎているからといって、必ずしも血圧が上昇するというわけではなくて、体質によっては塩分が原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)にはなりえません